近年、テレビや雑誌で取り上げられている坐骨神経痛
腰や太ももなど下半身の痛みやシビレのお悩みは、日常生活や仕事へ支障があるだけではなく、毎日の事だから気分が晴れません。

歩けなくなるほどの重症になる場合もあるので、身体の異変に気付いたら、専門の治療院に掛かることをお奨めします。坐骨神経痛で長年、痛みに苦しんでいる方も、正しい治療法や専門の治療院を見つける手がかりにしてもらいたいです。

1つでも当てはまれば「坐骨神経痛」の疑いあり!

1. 腰、太もも、ふくらはぎに痛みやしびれがある
2. お尻の周辺がいつも冷えている
3. 生活に支障はないが、足の指やすねにしびれがある
4. 足首や脚に力が入れにくくなる
5. 長時間のデスクワークでお尻や太ももがつれるような痛みがある
6. 車の運転がつらい

「坐骨神経痛」のメカニズムと真犯人!

坐骨神経痛とは

坐骨神経とは腰からお尻を通って足先に走る神経のことで主にお尻の後面から膝裏を通り、膝裏で脛骨神経(けいこつしんけい)と総腓骨神経(そうひこつしんけい)の2つの枝に分かれる人体で一番太い神経になります。坐骨神経痛とは、この神経が何らかの原因で障害され、腰や脚に痛みやしびれが出ている状態を坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛の原因とされるものに大きく3つあります。(1)椎間板ヘルニア(2)脊柱管狭窄症(3)梨状筋症候群、といわれる診断名のもと、病院などで薬物療法や神経ブロック注射、腰牽引、リハビリテーションを受けた方々がたくさんいらっしゃると思います。

 

坐骨神経痛の真犯人

近年の疼痛医療分野の研究では、神経の圧迫やヘルニア症状で痛みが出ているという考えは否定され、新たに「筋:筋膜性疼痛MPS」とう概念が広まっています。

簡単に説明しますと、痛みの原因は神経根やヘルニアの圧迫から誘発されるものではなく、筋:筋膜の障害から痛みやしびれがでているケースがほとんどということです。

筋膜は血管や神経の通り道にもなっており、様々な刺激を感知する感覚神経が多数存在しています。筋膜が固くなると神経を圧迫して血流を滞らせ、酸欠になった組織から発痛物質が発生します。それが痛みの原因になります。この筋:筋膜の障害こそ坐骨神経痛の真犯人なのです。

 

「坐骨神経痛」のお悩み、あきらめないでください!

特徴1 トリガーポイント鍼治療

特に運動器の痛みは、表層部よりも深部にある筋膜や腱、靭帯などに存在する受容器が発痛するので、 本人が「このあたり!」と思っていても、本当に痛みを発しているところは深部にあるケースがほとんどになります。当院では、痛みの根源と言われる 活動トリガーポイントに効果的な刺激を加え、 症状改善を図ります。

特徴2 筋膜リリース治療

筋膜リリースとは、筋肉を包みこむ筋膜のゆがみや癒着を引きはがし、柔軟性を高めることで血液循環の促進、痛みの改善を図る治療です。 筋膜リリースに用いる専門ツールを使い、癒着の起きている筋膜や関節の可動域を制限している箇所にマッサージしていきます。

特徴3 リハビリテーション

整形外科での勤務経験より、患者様の状態にあわせて適切なリハビリテーションを指導します。

まずはご相談!

あかぬま鍼灸治療院の坐骨神経痛に対する考え

長年、痛みに苦しんでいる方々は、腰、お尻、脚にトリガーポイントが多数存在し、この部位を的確にやっつける必要があります。従来の構造的な骨の老化や骨盤のゆがみを整える整体だけの治療では、一時的に症状がラクになっても、長期維持することは困難と思われます。

また、過度の疲労・暴飲暴食・喫煙等体にストレスを与え続ける生活習慣も回復力を低下させます。

当院にて全体の筋膜のゆがみをチェックして快適な生活が送れるようにしていきましょう。その痛み・しびれ、あきらめないでください!

坐骨神経痛のご相談は、あかぬま鍼灸治療院へ

あかぬま鍼灸治療院
〒409-3803 山梨県中央市若宮29-1 ジョイフルプラザ1-F
電話 055-288-8632
営業時間 月~金曜:9:00~13:00/15:00~20:00 土曜:9:00~15:00(土曜のみ休憩時間なし)
定休日 日曜日・祝祭日
公式ホームページで詳しく見る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


*