マリーについて悲しい報告をしなければなりません。
11月10日(水)15時半頃、マリーの状態は急変し呼吸停止となりました。甦生処置など手を尽くしましたが、帰らぬ子となってしまいました。
のら猫として生きてきたマリーにとって入院生活や手術は大変な経験だったことでしょう。それでもまた元気になれるのならと希望を持っていましたが、残念な結果になってしまいました。
マリーは当社代表者に引き取られ、翌日大切な家族として手厚く埋葬されました。元気になって欲しいとの願いは叶いませんでしたが、皆様の暖かい心に触れる機会になりました。
中心街の関係者をはじめ、マリーのことを心配し協力して下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。この記事を持ちましてマリーに関する活動と記事を終了いたします。
ビジュアルリテラシー スタッフ一同
さようならマリー(涙)
101111_marry.jpg

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*