毎年7月上旬に開催される甲府市の夏の風物詩、「七夕まつり」。今年は7月1日(水)~7日(火)に開催されました。
屋台が出店されるのは5日(日)~7日(火)で、初日の5日に取材に行ってきました。
DSC_9607.jpg
七夕の頃になると、色とりどりの七夕飾りが駅前から中心街にかけてのメインストリートに飾られるのは、皆さんご存知のはず。中にはキャラクターの飾りなどユニークなものもあり、一つ一つ趣向を凝らした飾りは見る人の目を楽しませてくれます。
DSC_9630.jpg IMG_0302.jpg
「七夕まつり」の開催日にはかすがも~るや銀座通りなどの中心街でたくさんの出店が軒を連ね、家族連れやカップル、浴衣を着た中高生のグループなどがそれぞれお祭りを楽しんでいました。
5日は日曜日ということもあって、日が暮れるにつれだんだんと人通りが増え、通りをすれ違うたびに肩と肩がぶつかるほどの大盛況。
きらきらと輝く露店に子どもたちはあちこちに目を奪われている様子で、「あれ買って」とお父さん、お母さんにおねだりをする声はとても微笑ましいものでした。
IMG_3327.jpg  DSC_9640.jpg
近頃は、出店で売られている商品もバラエティーに富んでいます。
定番のメニューでも種類が実に豊富で、各店工夫をしてお客様にアピールをしていました。あまりにいろいろあるので、ついつい目移りしてしまうのが幸せな悩み。
お子様はもちろん、大人の方も自分の子どもの頃を思い出しているのか、皆さん一様に楽しそうな表情でした。
DSC_9647.jpg DSC_9650.jpg
通りのところどころに飾られている笹には、願いを書いた短冊が飾られていて、いけないかなと思いつつも手にとって見てみると・・・
無邪気な願いの中に、現実的だったり切実だったり、失礼ながらちょっと笑ってしまうような願いも見受けられました。それぞれのお願い、きっとかなうといいですね。
IMG_3286.jpg
今年の「七夕まつり」は行きそびれてしまったという方も、来年はぜひ大切な人とおでかけください。
日本の古き良き風習を感じることができますよ。
IMG_0297.jpg

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


*